活動いろいろ(RAN、CAP以外)

 
     
     
  テーマ別 国別(アフリカ中東ヨーロッパアジアアメリカ)  
  テーマ別
 
 子ども兵士    紛争ダイヤモンド    CSR(企業の社会的責任)

  DRCにおける子ども兵士徴集の増加
  (Wire2006年6月)

 戦争は子どもの遊びではない 
 (Wire2006年5月)

 
 
 ダイヤモンドが生命を犠牲にしている 
 (Wire2002年10月)


 
ダイヤモンド・ホントの値段:ダイヤモンド・
 アクション  (2001年11月)
 
 
トラフィグラ社:有毒物質の旅(news2016年4月)

 ボパールの生存者たちの正義への
 長い歩み (Wire2006年7月)
 
 ジェンダー    難民・移民    貧困

 
 悲劇によって沈黙が破られた(Wire2014年1・2月号)
 

 安全な学校 ジェンダーに基づく暴力に
 反対する16日間の活動 
 (Wire2007年12月)
 

 権利を祝い、世界的行動を起こす:
 ラトビア (Wire2007年7月)


 ジャマイカにおける性暴力の免責 
 (2006年6月)

 
 
 再定住は難民の生活を変える(wire2016年4・5・6月号)

 パリ襲撃事件後、難民とともに立ち上がろう(wire2016年1・2・3月号)

 EU政府がシリアでのこの時代の最悪の人道上の危機に応えられていないために、難民たちは地中海で溺死しているは(Wire2014年3・4月号)

 私は変化を起こしたい(Wire2012年11・12月号)

 タイからの強制送還に直面したモン族難民 
 (Wire2007年3月)
 
 サリル・シェティQ&A (Wire2010年6・7月号)

 貧困から抜け出そうとする女性を助ける
  ために (Wire2009年10・11月号)


 10月17日国際貧困デー 
 (Wire2007年10月)

 強制立ち退き    武器貿易条約    死刑廃止

 ブルドーザーが来た日(Wire2013年9・10月号) 

 
人びとはここで暮らしている (Wire2012年3・4月号)

 
 
 羞恥の船を止めよう (Wire2012年5・6月号)
 
 死刑囚監房で生き延びる(Wire2013年9・10月号) 

 私は彼がもうどこにもいないことを信じることができない(Wire2013年3・4月号)

 終わりつつある傾向
   (Wire2012年9・10月号)
 

 テクノロジー    ライティングマラソン    拷問廃止

 デジタル・パニック・ボタン
   (Wire2012年9・10月号)
 
 
   2014年の世界最大の人権キャンペーン、ライティングマラソン 人権のために手紙を書こう、を開始(2014年11月28日) 

 一緒ならこんな力があるのです(Wire2014年11・12月号)


 人権のスーパーヒーローたち(Livewire2014年2月10日)
 

 人権のために手紙を書こう:これまでで最大の手紙書きキャンペーンで囚人が釈放される(2014年2月10日)
 

 サリル・シェティから活動家への新年のメッセージ(Wire2014年1・2月号) 

 ロシアの良心の囚人がライティングマラソン2013で釈放される。アピール数は140万以上に。(Livewire2013年12月19日) 
 
 活動家の医師(Wire2014年5・6月号)

 クラウディアを拷問した人間に、ともに立ち向かおう(Wire2014年5・6月号)

 国際刑事裁判所    My Body My Rights    環境問題

 世界的司法を注視し続ける(Wire2014年7・8月号)
 
 
 
WALL-TO-WALL CHANGE(wire2015年7・8・9月号)
 
  気候変動によって人権はどう変わるのか?(wire2016年1・2・3月号)

国別

アフリカ

 ケニア    ウガンダ    ジンバブエ

 ケニアの指導者たちに人権の保護と尊重を
 要請しよう (2008年2月14日)
 
 ウガンダ:子ども「ナイト・コミューター」
 (2005年11月18日)

 ウガンダの「ナイト・コミューター」は誘拐から
 の保護を求めている (Wire 2005年8月)
 
 見知らぬ人間たちによって連れ去られた(wire2016年7・8・9月号)

 ジェンニ・ウィリアムズQ&A
 (Wire2009年2・3月号)


 ジンバブエにおけるコミュニティ活動家
 たちの成功 (Wire 2006年12月)


 ジンバブエ:彼の思いどおりにさせては
 いけない (2002年9月)


 ジンバブエ:大統領選挙後の人権侵害
 の深刻な危機 (2002年4月
)
 

 チャド  ソマリア  スーダン

 チャドの子どもたちの未来は危険にさらされている(Live wire2011年2月10日)

 チャドで14人が行方不明になり彼らは拷問
 の危険にある (Wire 2007年8月)

 

 
アブカル・アルバドリQ&A
 (Wire2009年4・5月号)

 モハメド・ハッサン・アリムQ&A
   (Wire2012年5・6月号)


 空からの死(Wire2012年1・2月号)

アブデル・モニム・エルガクとアリ・アガブQ&A (Wire2010年12・2011年1月号)

 中央アフリカ  エチオピア  南アフリカ

 テロの支配に抵抗すること (Wire2012年1・2月号)
 
 世界とのライフライン(Wire2013年11・12月号) 
 「このキャンペーンは足掛かりです」: どのようにして女性や少女たちは南アフリカでより良いヘルスケアのために闘っているのか(Blog2015年4月10日)

 人生にチャンスを(Wire2014年7・8月号)

 ナイジェリア  エリトリア  ブルンジ

 銀行の中のお金(Wire2015年4・5・6月号)


 「私と同じように彼の心臓は動いています」(Wire2014年11・12月号)

 正義への長い旅路(Wire2014年9・10月号)
 

 
エリトリアの戦場で生まれて(Wire2015年7・8・9月号)

 瀬戸際のブルンジ(wire2016年7・8・9月号)

中東・北アフリカ
 
 イスラエル/被占領パレスチナ地域    チュニジア    アルジェリア

 パレスチナの子どもたちは両親の釈放を
 待っている (Wire 2008年2月)

 
 
 チュニジア:釈放された良心の囚人の有罪判決を無効に(ニュースリリース2014年3月5日)

 ラディア・ナスラウィQ&A
 (Wire2009年6・7月号)


  チュニジア:拷問される被拘禁者たち
 (Wire 2008年8月)

 
 
 アルジェリア:今も正義を待っている (Wire2009年8・9月号)
 
 イラン  リビア   エジプト

 シーリーン・エバーディーQ&A
  (Wire2009年10・11月号)

 

 
世界は知る必要があります(Wire2013年1・2月号)

 
ゴーストタウン・タワルガ (Wire2012年7・8月号)

 抵抗すること(Wire2012年11・12月号) 
 
 サウジアラビア  シリア   UAE

 健康上の理由によるライフ・バダウィのむち打ち刑の延期は刑罰の衝撃的な残酷性を表わす(ニュースリリース2015年1月16日)

 サウジアラビアはライフ・バダウィのむち打ち刑を再開しようとしている(ニュースリリース2015年1月14日)


 サウジアラビアにおけるライフ・バダウィのむち打ち刑は「残酷で卑劣な行為」である(ニュースリリース2015年1月9日)

 

 あるシリア人学生のメキシコへのありえない旅(ニュース2016年1月6日)

 私の姉のラニア シリアで行方不明に(wire2015年10・11・12月号)

 シリア難民は再定住によってノルウェーで新しい生活を始めた(Blog2015年10月20日)

 生きる、そしてキック(Wire2015年1・2・3月号)


 
獄中の1,000日間: モハメド・アル=ロケンはUAEの人権のためにどれほど自分の自由を犠牲にしているか(Blog2015年4月9日)

ヨーロッパ・中央アジア

 モルドバ    コソボ    ロシア

 アムネスティ、モルドバの拷問被害者を
 支援 (Wire 2006年3月)

 
 
 コソボに帰還する人たちを待ち受ける危
険 (Wire 2008年6月)
 
 ロシア:ボロトナヤ抗議行動記念日に新たな弾圧が(ニュースリリース2014年5月5日)

 これは冷戦です(Wire2013年5・6月号)


 リュドミラ・アレクシェーヴァQ&A
  (Wire2011年4・5月号)

 
 ベラルーシ    ウズベキスタン    ノルウェー

 アレス・ビアリアツキ 囚人恩赦で自由に(ニュースリリース2014年6月24日)

 隠さないこと(Wire2013年11・12月号) 

 私は彼がもうどこにもいないと信じることができない(Wire2013年3・4月号)
 
 
 
「地獄」からの手紙(Wire2015年4・5・6月号)

 「息子はスパイではない」(Wire2014年11・12月号)
 
 秘密を公にする(Wire2014年11・12月号)

 
 ギリシャ        

 だれかを愛したがために殴打される(wire2015年10・11・12月号)

 
 
 
 
 
 


アジア

 インドネシア    ビルマ(ミャンマー)    マレーシア

 平和的抗議行動への参加(wire2016年7・8・9月号)


 ウスマン・ ハミドQ&A
 (Wire2009年8・9月号)


 パプア・
インドネシア:人権侵害の調査は
 危険にさらされてはいけない (2004年)

 
 
 消極的なヒーロー(Wire2015年1・2・3月号)

 弾圧が続くビルマ(ミャンマー) 
 (Wire 2007年11月)

 
 
  マレーシア裁判所によりブロガー釈放さ
 れる (2008年11月7日)
 
 スリランカ  朝鮮民主主義人民共和国  タイ

 サンディア・エクナリゴダQ&A
  (Wire2011年2・3月号)

 
 シン・ドンヒョクQ&A
   (Wire2012年7・8月号)
 

 真実と正義の探求(Wire2013年1・2月号)
 
 パプア・ニューギニア  カンボジア     バングラディシュ

 毒薬(Wire2013年5・6月号)
 
 雨の中でヨーム・ボーファを出迎える(Livewire2013年12月5日)  ブログがあなたの命を奪うとき(wire2016年1・2・3月号)



アメリカ
 

 メキシコ    米国    ブラジル

 アレハンドロ・ソラリンデ・グエッラ神父Q&A
  (Wire2009年12・2010年1月号)

 
 
 
私たちの秘密を保持することを止めよ(Wire2015年4・5・6月号)

 内部告発者チェルシー・マニングがアムネスティ活動家に支援に感謝(Blog2015年4月8日)

 ダヤニ・クリスタルはだれなのか?(Wire2015年1・2・3月号)

 なぜ発言することに危険を冒す価値があるのか(Wire2014年11・12月号)


 なぜ祖母ママナ・ビビは米国の無人機攻撃で殺されたのか?(Wire2014年1・2月号) 

 マルティナ・コレイアQ&A
  (Wire2010年2・3月号)
 
 暴力は2016年リオ大会でKOされるかもしれない(wire2016年7・8・9月号)


 住むには素晴らしい場所(Wire2013年7・8月号)

 ヴァルデニーナ・A・パウリーノ・ランフランチQ&A (Wire2010年8・9月号)

 グアテマラ  エルサルバドル

 イドゥヴィーナ・ヘルナンデスQ&A
  (Wire2010年4・5月号)

 
  貧しい女性に対する魔女狩りである(Wire2014年9・10月号)


 
 目次へもどる