The Wire October 2002 より

 
ダイヤモンドが生命を犠牲にしている
 

Illegal diamond miner emerges from a makeshift mine shaft in DRC, October 2001

違法ダイヤモンド鉱山労働者たちが仮設採掘坑道から出ている。
コンゴ民主共和国。2001年10月

AI

 コンゴ民主共和国(DRC)のダイヤモンド産出地域において毎日のように血が流されている。国際社会の誰もこのことについて話そうとしない。首都キンシャサでは、政府はダイヤモンド貿易と人権侵害の間の繋がりを断つことを目的とした国際的ダイヤモンド認証システム(キンバリー・プロセスで承認)への誓約を反対なく発表することができる一方、DRCのダイヤモンド貿易の中心であるムブジマイでは、ダイヤモンド取引に直接関連した深刻な人権侵害が毎日のように起きており、防止もされていない。

 ムケバ・ムチュバはダイヤモンドを違法に採掘するためにDRCで最も豊富なダイヤモンド鉱山のうちの1つに入った際、その深刻な危険をはっきりと分かっていた。数カ月前、彼の親友カボンゴは、ムブジマイの外れにある同じ鉱山に違法に入った後、銃殺されていたからである。

 18歳のムケバ・ムチュバは2001916日ポリーゴンと呼ばれる鉱山に入った10人の鉱山労働者のうちの1人であった。彼らの到着後すぐに警備員の一団が現れ、警告もなく発砲した。彼以外はなんとか無傷で逃げることができたが、ムケバ・ムチュバは頭を撃たれ、一生話すことができなくなった。

 毎日、数百人の職のないコンゴ人たちが、ムブジマイのダイヤモンド鉱山で同じ危険を犯している。そして毎日
MIBA(鉱山を運営する国営鉱山会社)によって雇われた警備員たちが違法鉱山労働者たちを阻止しようとして、何度も銃声が鳴り響いている。MIBA警備員たちは法執行官としての公の訓練を受けず、しばしば違法鉱山労働者たちを追い出すために過剰に強制力を行使している。

 違法鉱山労働者たちの死傷者数について正確な統計は集計されていない、しかしアムネスティは控えめに見積もっても
MIBA警備員によって毎年数十人が射殺されているだろうと概算している。それ以上の人びとが、たぶん年に数百人が銃撃によって負傷している。その負傷した人が医療措置を受けることはない。逮捕された違法鉱山労働者たちは起訴もなくダイアモンド鉱山内の非公式な拘禁施設に拘禁される。その施設は窮屈で不衛生な状態で、彼らは残虐かつ非人道的な取り扱いを受けている。軍事裁判所の前に不公正な裁判にかけられる人たちもいる。

 MIBA職員たちは問題を軽んじようとしている。違法鉱山労働者が負傷したあるいは殺害された場合も、これは非常にまれな「事故」であった、警備員たちは自分を守るために小火器を使用したのだと主張している。存在する証拠はすべてこのような主張を否定している。ごく少数の事件では、被害者は武装していたり、武装した人間をそばに付けたりしていたかもしれない、警備員たちにとって本物の脅しがあったかもしれない。しかし犠牲者の大半は武装しておらず彼らに対する小火器の使用は正当化できない。このような状況で彼らを銃殺することは超法規的に彼らを処刑しているに等しい。

 このことにも関わらず、違法鉱山労働者を殺害あるいは負傷させたとして裁判にかけられた
MIBA警備員は誰もいないようである。MIBA職員はアムネスティに対し違法鉱山労働者が殺害された時会社はその死を調査しないことを認めた。一方司法当局者はこの2カ月でダイアモンド鉱山において5人が死亡し、その1つの事件のみ調査が進行中であることを認めた。MIBA警備員たちは完全に免責されて行動し殺害しているのである。

 DRC政府は今こそダイヤモンド貿易に関連した人権侵害を終わらせるために行動しなければならない。アムネスティは違法鉱山労働者を射殺したあるいは負傷させた容疑のMIBA警備員たちを起訴するよう要請する。すべての警備員たちはそのポストにつく前に法執行官としての適切な訓練を受けるべきである。違法鉱山労働者と思われる人を逮捕したときには直ちに公的に認められた拘禁施設に移送し、彼らの法的権利をすべて、もし訴追されたときは公正な裁判を受ける権利を含めて、保証しなればならないのである。

 さらに情報が知りたい方は

 ダイヤモンド・ホントの値段 ダイヤモンド・アクション
 目次へ戻る